脊柱管狭窄症の治療は、基本的には保存療法だと思ってください。 保存療法とは、手術をせずに薬などを使用して症状の悪化を防ぎ、改善を図る治療法のことです。 ただ、症状があまりにも酷い場合は、保存療法ではなく手術をしないといけないこともあります。 脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管を広げるというものです。 狭くなってしまった脊柱管を拡張することで神経の圧迫を改善し、痛みを軽減させます。 そこで使用されるのが、以下のような手術です。 ・椎弓切除術 ・脊椎固定術 椎弓切除術は椎弓を切除するというもので、神経を圧迫している部分を除去するために行われます。 場合によっては、切除する範囲が広範囲になることもあるでしょう。 脊椎固定術は椎弓を切除した後に、脊椎を固定するというものです。 脊椎が不安定な状態になった場合のみ、行われます。 一般的に、脊柱管狭窄症にはこの2つの手術が使用されますが、病院によって異なる場合もあるので、必ず確認を取りましょう。 それに、手術をしたからといって、絶対に症状が改善する訳ではありませんから、そのことを理解した上で選択してください。